Treat myself

便利な計算シュミレーションやおすすめのレストラン・旅行などお得な情報サイト!

スキー 旅行 役立つ情報

2019改定版!スキー板・スノーボードの送料比較!どこが安いか実際に送ってみました。

投稿日:2019年2月13日 更新日:

スキー・スノーボード配送比較!第2弾!利用上の注意点を比較してみました!はこちら

スキー板・スノーボードの送料はどのくらいかかるの?

スキー板1組(ストック込)orスノーボード1枚 神奈川県⇔北海道の場合
(※スキー板長さorスノーボード長さ100㎝以上の場合)

サイズ片道料金往復料金
スキーゆうパック140サイズ超2440円4760円
ヤマト運輸・スキー宅急便120サイズ2009円3818円
佐川急便・飛脚宅配便160サイズ2463円4926円

※往復料金は往復割引後の料金です

スキー板2組またはスノーボード2枚をひとまとめで送れる?

スキー板2組orスノーボード2枚 神奈川県⇔北海道の場合
(※スキー板長さ130㎝以上orスノーボード長さ100㎝以上の場合)

サイズ2組同梱往復料金
スキーゆうパック140サイズ超4760円
ヤマト運輸・スキー宅急便160サイズ4724円
佐川急便・飛脚宅配便160サイズ×2×9852円

※往復料金は往復割引後の料金です

上の表を見比べてもわかるように、スキーゆうパックスキー宅急便もスキー板130㎝以上の1組も2組も同じ料金で送れるので、ウエアーや小物まで詰められるオールインバックはおすすめです!

スノーボードのケースの中にウェアやブーツを入れて送れる?

 スノーボード・ウェア・ブーツ 神奈川県⇔北海道の場合
(※スノーボード専用のバックorオールインワンバック場合)

サイズ同梱往復料金
スキーゆうパック140サイズ超4760円
ヤマト運輸・スキー宅急便160サイズ4724円
佐川急便・飛脚宅配便160サイズ+80~140サイズ×7842~9420円

※往復料金は往復割引後の料金です

専用カバーは必要?専用カバーの値段は?

専用カバーサイズ料金
スキーゆうパックスキー板できれば207×34240円
スノーボードできれば184×55570円
ヤマト運輸・スキー宅急便スキー板必須215×33248円
スノーボード必須175×55518円
佐川急便・飛脚宅配便スキー板必須
スノーボード必須1740×590540円

カバーサイズ:縦×横(cm)

その他のサイズ料金比較表はこちら

どこの業者に伺っても、汚れるのが気にならなければご自身のケースだけでOK!
伝票が貼り付けられるか、差し込み口のあるケースである方がBEST!
また他社のカバーを使用してもいいそうです。

往復割引や持込割引、そのほかの割引料金の比較

名称割引額発送場所
スキーゆうパック持込割引120円郵便局
往復割引120円郵便局
コンビニ(*1)
ヤマト運輸・スキー宅急便持込割引100円ヤマト直営店
コンビニ(*2)
往復割引200円ヤマト直営店
コンビニ(*2)
持込割(*4)50円ヤマト直営店(*3)
デジタル割(*4)50円ヤマト直営店
集荷(※*3)
クロネコメンバー割(*4)10~15%割引ヤマト直営店
集荷(*5)
佐川急便・飛脚宅配便持込割引100円各営業所
取次店

*1:ローソン・ミニストップ・セイコーマート
*2::ファミマ・デイリーヤマザキ・ニューデイズ・ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト
*3:デジタル送り状のみ
*4:クロネコメンバーズのみ
*5:電子マネーカードに5,000円以上のチャージしている場合のみ

実際に送ってみました!

※新しい情報が上にきています!

2019年2月ヤマト運輸・スキー宅急便

神奈川県⇔北海道(往復+持込+10%メンバー割引+デジタル割引適用)2個口の場合
合計8,064円

1.スノーボード1枚+ウェア2組+ブーツ3足+小物:160サイズ(実寸:170×40×15cm24㎏)オールインパック

オールインパック(スノーボード+スノー靴3組+ウエアー2組)

往復料金メンバー割引往復割引持込割引デジタル割引小計
4924円-492円-200円-150円-50円4032円

2.スキー板2組+ストック2組:160サイズ(実寸:170×24×23cm11.2㎏)スキーケース

スキー板:170cm+150cm 2組
スキー板2組+ストック2組

往復料金メンバー割引(10%)往復割引持込割引デジタル割引小計
4924円-492円-200円-150円-50円4032円

今回もクロネコメンバーズを使ってお得に送りました。
スキーゆうパック往復便で送ると送料4760円。最大割引360円を使っても4400円なので368円お得となりました。
ただし、クロネコメンバーズでない場合、最大割引300円を使っても4624円なのでスキーゆうパックの方が224円のお得になります。
クロネコメンバーズの電子マネーは最低5000円のチャージが必要なので、頻繁に使う方には便利ですね。

また、Tポイントも貯められて、電子マネー50000円以上のメンバー割引(15%)を使うとさらにスキー宅急便の方がお得ですね♪

2018年2月ヤマト運輸・スキー宅急便

神奈川県⇔北海道(往復+持込+10%メンバー割引+デジタル割引適用)2個口の場合
合計7,675円

1.スキー板1組+ストック1組+スノーボード1枚+ウェア1組+ブーツ1足:160サイズ(実寸:170×40×15cm)オールインパック

往復料金メンバー割引往復割引持込割引デジタル割引小計
4924円-492円-200円-150円-50円4032円

2.ヘルメット1組+ブーツ1足+その他:140サイズ(実寸:39×45×44cm)段ボール箱

往復料金メンバー割引往復割引持込割引デジタル割引小計
4492円-449円-200円-150円-50円3643円

※デジタル割引とは営業所など指定の端末機器(ネコピット:コンビニなどにはありません)やWebサイトから送り状を簡単に発行することができるサービス
※クロネコメンバーズのお客様が宅急便センターにお持ち込みいただくと更に50円減額

今回オールインパックのみ(割引込)を昨年と比較するとより638円高くなりました。
前回利用しなかった『デジタル割』-50円を加えないと688円の値上がりです。
ゆうパックだとまだ値上がり前価格3600円なので、クロネコメンバーズ会員の価格でも432円高い結果になりました。

しかし、3/1からゆうパックの運賃改定で140サイズ超については160サイズと変更になり4520円となるので、クロネコメンバーズ会員価格が488円お得になりますね♪

ヤマト運輸のHPには
『※スキー板(2組)・スノーボード(2枚)・スキーやスノーボードケースにウェアやブーツ等が一緒に入ったオールインワン型ケースについては、160サイズ料金を適用します。』

ともあるので何度も配送するなら、オールインワン型ケースを購入して2個口にまとめて送ったほうがさらにお得になりそうです♪

どのサイトもよくよく熟読しないとお得は得られないですね♪

で、さっそくオールインワン型ケースを探してみました。

たくさん入れるのでキャスター付きを探しましたがほとんど品切れでした( ノД`)シクシク…
また我が家のスキー板が長いので170cmサイズを探すのに苦労しましたので、早い時期に購入した方がよさそうです!

2017年3月ヤマト運輸・スキー宅急便

神奈川県⇔北海道(往復+持込+10%メンバー割引適用)2個口の場合
合計6,788円

1.スキー板2組+ストック2組:140サイズ(スキー板:170cm+150cm)

往復料金メンバー割引往復割引持込割引小計
4104円-410円-200円-100円3394円

スキー板2組+ストック2組

2.スノーボード1枚+ウェア1組+ブーツ3足+その他:140サイズ(実寸:170×40×15cm 23kg)

上と同じ料金 3394円になります。

オールインパック(スノーボード+スノー靴3組+ウエアー)

今回オールイン型ケースを購入して2パックにまとめて送り、昨年より4012円安く済みました。
ゆうパックにしても2口合計で7200円なのでクロネコメンバーズ会員で送った方が412円安い結果になりました。

ただ、スキー板2組入れるためにオールイン型ケースを購入したのですが、残念ながら板2組入れるとブーツが入らなくなりました。よっていろいろ組み合わせた結果、昨年よりスキーウェアー1組分とヘルメットが手荷物になる羽目に。。。

2017年2月ヤマト運輸・スキー宅急便

神奈川県⇔福井県(往復+持込+10%メンバー割引適用)2個口の場合
合計4,844円

1.スキー板1組+ストック1組:120サイズ(スキー板:170cm 7kg)

往復料金メンバー割引往復割引持込割引小計
2808円-280円-200円-100円2228円

スキー宅急便で送ってみました

2.スノーボード1枚+ウェア類+ブーツ1足:140サイズ(実寸:160×35×15cm 11kg)

往復料金メンバー割引往復割引持込割引小計
3240円-324円-200円-100円2616円

スキー宅急便で送ってみました

今回発見したのですが、当日無料でできるクロネコメンバーズ会員になると、その日から10%offできました。

ただし、5000円以上のチャージが必要でした!
50000円以上チャージすると15%OFFになるので、頻繁に送る人にはいいですね♪

ちなみに スキーゆうパックは4,880円なのでさほど差はないですね!

2016年2月ゆうパック

神奈川県⇔北海道(往復割引+往復持込割引適用)3個口の場合
合計10,800円

1.スキー板2組+ストック2組:120サイズ超(スキー板:170cm+150cm)

往復料金往復割引持込割引小計
3960円-120円-240円3600円

2.スノーボード1枚+ウェア+ブーツ1足:120サイズ超(実寸:160×35×15cm 11kg)

3.ブーツ2足+ウェア類(段ボール):120サイズ超(実寸:140cm)

サイズは違っても120cm以上だと120サイズ超で計算され、上記と同じ料金の3600円でした。

スキーゆうパックで送ってみました

持込割引はヤマト運輸・スキー宅急便は行きの1回だけでしたが、スキーゆうパックは往復の2回分割引いてくれました。

ちなみにヤマト運輸・スキー宅急便だと11,412円でしたので、ゆうパックを選んだのですが、今回クロネコメンバーズのことを知り、新たにメンバー割も含めて再計算してみると1,230円も安い10,182円ということが判明しました!

※最新の情報とは異なる可能性がありますので、必ずご自身でご確認ください。

私の感想

注意:この感想は値上げ前の感想です。
結果的に、スキー板の送料の安いところは組合せの仕方で変わってくるということになります。
スキー板1組だけでしたら、断然 ヤマト運輸・スキー宅急便です!

あとの組み合わせは佐川急便が同梱できないという点で問題外ですが、ゆうパックとヤマト運輸はオールインパックが1個口で扱ってもらえるためそれほど差に開きは見られませんでした。

しかし、配達区間が長いほど料金も高くなりクロネコメンバーズ10%↑の割引額も高くなるのでヤマト運輸が安くなると思いました。

それぞれの家庭で組み合わせ方や距離・頻度も違いますのでどこが一番いいかはご自身で選ぶしかないようです。

また注意しなくてはいけないのが送り先がスキー場の場合です。
スキー場側で業者が指定されている場合がありますので、まずスキー場から調べた方が良さそうです。

-スキー, 旅行, 役立つ情報
-, , ,